スプライト

YUI_INFO_SPRITE

スプライトを生成する際に利用する情報クラス

特筆項目内容
BACK_BLOCK 表示するスプライト設定ブロック

生成方法と特徴

下記の例では指定したリソースを画面中央に表示します。


	// リソースの準備.
	YUIAsync rAsync = YUI.GetSpriteAsync( YUI.E_SPRITE.AUTHOR_ICON );

	// スプライトの生成.
	YUI_INFO_SPRITE rInfo = new YUI_INFO_SPRITE();
	rInfo.SetAnchorPivot( YUI.E_ANCHOR.CENTER, YUI.E_PIVOT.CENTER );
	rInfo.SetRect( 0, 0, 600, 600 );
	rInfo.BACK_BLOCK.SetSprite( rAsync );
	YUIMgr.Create<YUI_SPRITE>( rInfo );
	

生成結果

※仮想解像度1280*800の場合